世界の街角を旅する感覚で、商品開発やマーケティングの”虎の巻”的パッケージ&プロモーションネタが収集できるサイトです。

パケトラ編集部 PICK UP!「カフェ」特集!

こんにちは。パケトラ編集部です。今日は、今までに投稿している記事の中で「カフェ」をテーマに記事を取り上げてみました。 まだご覧になっていないかたは、ぜひお読みください!

顧客の体験までデザインすることで成長を続ける、ニューヨークのドッグカフェ

事業の規模にかかわらず、アクティブでクリエイティブな発想を持ってビジネスを推し進めていくこの起業家精神こそ、ニューヨークのスモールビジネスオーナーらしさである気がしました。

写真:クリック頂くと、記事の詳細をご覧いただけます。

店内プロモーション×パッケージで固定概念を覆したベルリンの茶葉専門店

コーヒーか紅茶かと問われれば、ドイツは圧倒的にコーヒーの国。ドイツの朝食にコーヒーは欠かせない存在です。一方、紅茶を日常的に飲むと言われているのは、北ドイツの東フリースラント地方程度です。そんなドイツでこれまでの茶葉専門店のイメージを見事に覆したお店を紹介しています。

写真:クリック頂くと、記事の詳細をご覧いただけます。

NYで大人気ヘルシーブランドのマーケティング戦略

提供するものはフレッシュジュースがメインですが、来店する客層は実はスタバと似ています。仕事の合間の一息に飲みたいのは必ずしもコーヒーではなかった。そして多少お値段が高くても、より健康にいいもの、より居心地がいい場所を求めていた人が沢山いたことをこのお店が教えてくれました。

写真:クリック頂くと、記事の詳細をご覧いただけます。

持続可能な社会へと歩むカフェ

シンプルでスタイリッシュなインテリアが素敵な、一見ふつうのカフェですが、じつは「持続可能性」に徹底的に取り組んでいます。つまり、リユース・リサイクルでゴミを限りなくゼロに近づける、環境に配慮する、といった行動をカフェで実践しているのです。

写真:クリック頂くと、記事の詳細をご覧いただけます。

パケトラ編集部より

いかがでしたか?今回は「カフェ」をテーマに、伊藤様、久保田様、mikissh様から頂いたレポートを紹介いたしました。もちろん、他にも様々な国のライターから世界の情報を発信しております。ぜひ、ご興味のある国や内容からもご覧くださいね!

このライターの記事

Top