世界の街角を旅する感覚で、商品開発やマーケティングの”虎の巻”的パッケージ&プロモーションネタが収集できるサイトです。

カリフォルニア州発祥の人気スーパーマーケット「Trader Joe’s」の5つのマーケティング戦略とは?

【人気の秘訣~5つのマーケティング戦略】

2017年8月に50周年を迎えたばかりの、カリフォルニア州パサディナ(ロサンゼルス郊外)発祥のスーパーマーケットTrader Joe’s。50周年にちなんで、全米に426店舗展開している根強い人気を誇るスーパーマーケットチェーンのマーケティング戦略を調査します。

写真:お店の看板

写真:お店の入り口

①商品全体の8割がプライベートレーベル ~一般的なものでなくユニークな商品を開発

Trader Joe’sの全体の8割の商品は、プライベートレーベルでTrader Joe’s独自の商品になっています。つまり、Trader Joe’s以外では手に入らない商品で、競合相手より低価格で販売できているのです。プライベートレーベルだからと言って一般的な商品を作るのでなく、彼らが大切にしているポイントは「クリエイティブな商品」であるということ、「着色料なし・保存料なし・遺伝子組み換え成分なし・部分水素添加油なし、MSGなし」であること。見つけたらちょっと笑ってしまうようなユーモアのある商品・パッケージで、手に取った時のワクワク感を提供しています。例えば、イタリア系食品はTrader Gitto’s 、フランス系食品はTrader Jacques’、中国系食品はTrader Ming’s、日系食品はTrader Joe San’s等に国毎の言語に変えられてネーミングが 表示されています。 また、子供向け食品はJoe’s Kidsとなっています。プライベートレーベルだからこそ成しえるユーモアのあるネーミングです。

写真:プライベートレーベル Joe’s Kids パッケージ

写真:プライベートレーベル Trader Ming’s パッケージ

写真:フランス系食品 Trader Jacques  パッケージ

写真:イタリア系食品 Trader Gitto’s  パッケージ

写真:日系食品 Trader Joe San’s SOYAKI  パッケージ

調味料も、全てプライベートレーベルです。一味変わった調味料だと、レモン・生姜が入り胡椒「Lemon Pepper」や、ベーグルにかけるシーソルト・ニンニク・玉ねぎがミックスされた「Everything But the Bagel Sesame Seasoning Blend」等Trader Joe’s独自ブレンド商品も人気です。

写真:プライベートレーベルだからこそのオリジナル商品

写真:Trader Joe’s独自ブレンド商品の人気調味料

 

②地元にちなんだアートを取り込む ~地元に溶け込んだお店作り

各店舗が各都市にちなんだ店内インテリアになっています。例えば、ロサンゼルス(スタジオシティー店)のお店では、映画・テレビのスタジオが多い街なので、「映画」が店内インテリアのテーマになっています。そして、店内の全ての商品説明・値札は手書きになっていて親しみ易さを感じさせるようになっています。

写真:お店のプロモーションも都市にちなんで・・・こちらは映画のカチンコ

写真:プロモーションの一環として手書きのラベル

③顧客をよく理解したマーケティング ~顧客の心をつかむ

Trader Joe’sは食材やワインを革新的な方法で安く売ることに注力しています。例えば、$2.99という破格で売り出されている「Charles Shaw wine」のカリフォルニアワインがあげられます。結果、お客さんの間でTrader Joe’sでは良質の商品を低価格で購入できることが認識され、口コミでどんどんファンが増えていくわけです。

写真:ワインのディスプレイプロモーション

④商品写真が一切ない冊子「Fearless Flyer」 ~何より商品背後のストーリーを大事に

他のスーパーでは商品紹介をした写真と値段で埋め尽くされたチラシが一般的ですが、Trader Joe’sでは毎月Fearless Flyerという冊子を店頭・E-Flyerとして発行しています。新商品の紹介や今月の目玉商品、レシピなどが掲載されていているのですが、他社と違う決定的な点は商品の写真が一切載っていないこと。商品を売るというお店側からの直接的なメッセージではなくて、顧客目線で商品背景のストーリーやレシピを伝えながらの間接的なメッセージを送るマーケティング方法と言えます。イラスト仕立てで、内容たっぷりの読み応えのある冊子になっています。ここにもユーモアが隠されていて「Printed on Recycled Paper with Soy-Based Inks. For mental consumption only」(リサイクル用紙で大豆ベースのインクを使用しています。この冊子は精神的な消費用です)と書かれています。

写真:プロモーションの一環として配布している冊子

⑤子どもを喜ばす仕掛け ~家族連れに優しいお店作り

写真:お店の目印「赤いカート」

Trader Joe’sといえば真っ赤なカートが目印でもありますが、そのカートの子供用もあるのです。その小さなカートを自分で押すのが楽しくて、子どもからもTrader Joe’sに行きたい!と声があがるほど。そしてお会計の際には、季節ごとのステッカーが用意されていて、これを笑顔で惜しみなくくれるのです(大体5~10枚)。入口と出口で子どもたちを喜ばす仕組みが出来上がっています。買い物中も、フレンドリーなスタッフ達が子供に積極的に声をかけてくれたり、試食・試飲コーナーも設けられていて、子供の気持ちをしっかり掴むカスタマーサービスの流れが出来上がっています。

写真:「子供用カート」で子供たちへのプロモーションを行う

写真:プロモーション用ステッカーは季節ごとに刷新

写真:子供も大人も大好きな試食コーナー

いかがでしたか?今回は50周年にちなんでカリフォルニア発祥の人気スーパーマーケットチェーンTrader Joe’sのマーケティング戦略を調査しました。また次回のLA市場調査をお楽しみに!

このライターの記事

Top