世界の街角を旅する感覚で、商品開発やマーケティングの”虎の巻”的パッケージ&プロモーションネタが収集できるサイトです。

「ヨーロッパ」特集!【パケトラ編集部 PICK UP】

こんにちは。パケトラ編集部です。今日は、ヨーロッパから配信されている記事を取り上げてみました。 まだご覧になっていないかたは、ぜひお読みください!

パッケージで防止!?子供の肥満対策 in イギリス

子供向けの商品にはどのようなパッケージが今後は推奨されるのでしょうか?イギリス・ロンドンに在住の江國まゆライターから届いた記事です。

写真:クリック頂くと、記事の詳細をご覧いただけます。

ロンドンで躍進する“Crosstown doughnuts”の選ばれるビジネス戦略

2014年に始まった彼らが、ゆっくりと着実に店舗数を伸ばしているには、いちドーナツショップを超えたビジネス戦略が大きく影響しているといえます。イギリス・ロンドンに在住の伊藤史子ライターから届いた記事です。

写真:クリック頂くと、記事の詳細をご覧いただけます。

日本食が恋しくなったら黒いパッケージを探せ!フランスにおける日本のイメージとは?

フランスのスーパーで売られている日本食材のパッケージの特徴を、フランス・パリに在住のトリコロル・パリライターから届いた記事です。

写真:クリック頂くと、記事の詳細をご覧いただけます。

シンプル&スタイリッシュなメイド・イン・ベルリンのおみやげ専門店

日本はインバウンドが好調ですが、日本語が理解できる外国人観光客はごく限られています。観光客の多い店は、商品をよりわかりやすくディスプレイすることが大切なのではないでしょうか?ドイツ・ベルリンに在住の久保田由希ライターから届いた記事です。

写真:クリック頂くと、記事の詳細をご覧いただけます。

フライドポテト戦国時代?!ジャガイモをめぐるオランダのパタット事情

日本のフライドポテトとパタットの大きな違いは、その豊富なソースです。こだわりのショップだとその種類は10種以上になることも。<ポテトフライ=ケチャップ>は、実はアメリカの影響を受けた日本内の常識でしかなかったのだと気づかされます。オランダ・デンハーグに在住の水迫尚子ライターから届いた記事です。

写真:クリック頂くと、記事の詳細をご覧いただけます。

 

パケトラ編集部より

いかがでしたか?今回はヨーロッパから届いたレポートを紹介いたしました。もちろん、他にも様々な国のライターから世界の情報を発信しております。ぜひ、ご興味のある国や内容からもご覧くださいね!

このライターの記事

Top