ビジネスパーソンが読むメディア。マーケティング、セールスプロモーション、パッケージの企画・開発に役立つアイデアと最新の情報を、世界中から配信。

オーガニックコットンではじめる企業のイメージアップ|エシカル素材のエコバッグで「三方良し」のブランディングにも貢献

「オーガニックコットン」と「エシカル」について

こんにちは!パケトラ編集部です。

最近良く聞くようになった「オーガニック」や「エシカル」という言葉。なんとなく、健康や環境に良さそうなイメージがありますよね。でも、皆さんはどれだけ本当の意味を知っていますか?

今回は、オーガニックの中でも私たちの生活の身近なところに存在している「オーガニックコットン」について今一度深堀りしてみたいと思います。

オーガニックコットンを使ったおすすめのグッズや取り入れる方法、企業様にとって参考になる使用例も紹介していますので、是非最後までお読みいただければ嬉しいです!

「オーガニックコットン」「エシカル」とは?

 

「オーガニック」とは、日本語で「有機栽培」という意味です。農薬や化学肥料を使わず、油粕、米ぬか、魚粉などの有機物を使って生産された農作物のことを指します。

つまり「オーガニックコットン」とは、無農薬で栽培されたコットン(綿花)のことです。約3年間、殺虫剤、除草剤などの農薬や化学肥料を使用せず、認証機関が認めた農地での実践を経て、厳しい基準を守って有機農法で栽培された綿花です。

「エシカル」とは、日本語で「倫理的な」「道徳上の」という意味です。法律以前に、地球環境や人、社会に対して大多数の人が正しいと思っている思想や行動のことを指します。

そして近年、頻繁に聞くようになった「エシカル消費」というワードは、地球環境や人権・社会問題等に配慮した消費のことです。エシカル消費は社会に貢献できる身近な方法として、急速に広がりを見せています。

エシカル消費の中には、フェアトレード、リサイクル、地産地消など様々な消費に対する取り組みがありますが、その中に「オーガニック」も含まれます。オーガニックコットンを生活に取り入れることもまた、エシカル消費のひとつと考えられるでしょう。

オーガニックコットンと普通のコットンの違いは?

 

オーガニックコットンと普通のコットンの違いは何でしょうか?その違いは、コットンを作る過程にあります。

普通のコットン栽培では、大型の機械を使うことがあります。その場合、刈りとるタイミングで全ての綿花の高さが揃っている必要があるので、高さを揃えるための農薬が事前に撒かれています。

また、収穫時に青い汁が綿花に付着しないよう予め枯葉剤を撒くことで、自然のスピードよりも早く葉や茎を枯らしています。それだけでなく、栽培効率を上げるための化学肥料、殺菌剤、除草剤、落葉剤、殺虫剤など、あらゆる薬品が使われています。

しかしオーガニックコットンの畑では、これらの化学農薬は一切使っていません。では、オーガニックコットンはどのように育てられているのでしょうか。

例えば、発生してしまった害虫対策には、害虫を食べる益虫を放したり、刺激臭のある植物を畑に植えています。時には害虫が好む植物で虫をおびき寄せ、まとめて駆除する方法もとっています。

このように、自然に綿花を栽培するのはとても手間がかかります。オーガニックコットンは、世界中で栽培されている全ての綿の生産量のうち、わずか1%未満という希少なものなのです。

「オーガニック」の基準は?認証はある?

 

では、何をもって「オーガニック」であることを証明できるのでしょうか。冒頭でも認定機関による厳しい基準があると伝えましたが、さらに詳しく見ていきましょう。

世界各国には300以上のオーガニック認定機関が存在しています。

各認定機関により設けられている基準は異なりますが、

例えば、
・3年以上農薬や化学肥料を使用せずに認められた農地で生産されているか
・遺伝子組み換えの原料を使っていないか
・労働者の健康や安全は配慮されているか
・児童の労働を禁止しているか
・生産から消費者の手に渡るまで全ての工程で認定機関に認められているか
・環境にやさしい加工がなされているか

などの条件をクリアしたもののみ「オーガニック」表示が認められています。

つまり、「オーガニックコットン」とはこれらの審査を経て認定を受けた綿花なのです。
そして、それらを使用した製品は、認定を受けた証である認証マークを表示することができます。例えば、国際的な認証として「Organic Exchange Standarts(OE)」や、「Global Organic Textiles Standard(GOTS)」があります。

しかし日本国内においては、公的機関が定めるオーガニックコットン製品の認証や規定が存在しません。そのため、「天然コットン」、「無添加コットン」などの表示で、実際にオーガニックコットンでなくてもそれらしく伝わってしまい誤解を招くことがあります。また、ごくわずか一部にオーガニックコットンが含まれているだけなのに「オーガニックコットンである」と謳っている製品も見受けられます。

オーガニックコットンと普通のコットンに品質の差はある?

 

はっきり言ってしまえば、見た目や品質に差はありません。普通に栽培されたコットンに残留している農薬は非常に少量であるため、科学的なテストでの判別でさえ難しいと言われています。

また、普通のコットンであっても肌にダメージを与えることは基本的にはありません。そもそもコットン製品は、オーガニックでなくても肌にやさしいのが特徴です。

オーガニックコットンを選ぶことにデメリットはある?

 

では、オーガニックコットンを選ぶことにデメリットはあるのでしょうか?

唯一のデメリットは、「普通のコットンに比べて値段が高くなること」だと思います。しかし、これまでの説明にもあったように、オーガニックコットンが育てられる背景を理解すると、普通のコットンより高くなることは一目瞭然であり、納得いただけるのではないでしょうか。

とはいえ、オーガニックコットンの中にも様々なものが存在しています。勿論、オーガニックかつ高品質なコットンは値段も高くなります。しかし、機械や農薬などの設備投資にまわす資金が足りない農家で、意識せずともオーガニック農法になっているケースであれば、あまり普通のコットンと金額に差がないこともあります。

なぜ普通のコットンではなく、オーガニックコットンなの?

 

品質にも差はなく、値段も高くなるにもかかわらず、オーガニックコットンが良い理由は何でしょうか?それは、環境や農家の人にとってやさしい素材だからです。

まず、大量に使用されている農薬などの化学物質が、「環境に大変な負荷をかけている」ということを理解しなくてはなりません。

化学肥料、殺菌剤、除草剤、落葉剤、殺虫剤など、多くの化学物質が撒かれて育てられる綿は「農薬集約型農産物」とも言われており、土壌の汚染へと繋がるのです。土地に存在していた微生物まで被害を及ぼし、土壌自体の力が低下します。さらに、地下水の汚染にも影響が出ています。

オーガニックコットンの栽培基準には、労働者の安全や健康に対する取り組みも含まれています。農薬や化学肥料、大型の機械を使わない栽培方法は、土壌・地下水の汚染防止、CO2の削減、農家の人々の労働環境改善にも繋がります。そして児童労働をはじめとする労働搾取を行わないという基準も設けられています。

つまりオーガニックコットンとは、環境や農家の人を守ることのできるエシカルな素材なのです。

ファッションもエシカルな時代!オーガニックコットンで「エシカルファッション」を取り入れる

肌着やTシャツなど、コットンはとても身近な素材ですよね。身に着けるファッションをエシカルな素材にすることで、地球や人にやさしい取り組みに参加できます。

まずは身近な素材であるオーガニックコットンから取り入れて、あなたもやさしいファッション生活に挑戦してみませんか?

世界では、オーガニックコットンを使い始めている

 

世界の先進国に比べて、日本はまだエシカルに対する意識が遅れている状態です。

海外では、アパレルショップでオーガニックコットン製の衣服が多く取り扱われているのは勿論、ライブのアーティストグッズでさえオーガニックコットンを使ったアイテムが幅広く販売されています。

日本でもその流れに漏れず、世界中で人気のあのコーヒーショップがオーガニックコットンの有料ギフトバッグを販売するなど、少しずつその流れが来ています。このように、オーガニックコットンは、服だけでなくバッグでも手軽に取り入れることができます。

オーガニックコットンで企業や団体ができることは?

オーガニックコットンを使ったグッズを製作し、それらを販売・配布して顧客に使ってもらうことで、社会にやさしいエシカル消費に携わることができます。「エシカル消費」はSDGs(持続可能な開発目標)の目標12「つくる責任 つかう責任」の項目にも該当しているように、今とても重要とされている企業のありかたです。

企業ができること-オーガニックコットンを使った無料のノベルティバッグを配る

 

たとえば、イベントやお店を利用したお客様にオーガニックコットンを使った無料のノベルティバッグを配ってみるのはどうでしょうか。

あらゆる業界で簡単にエシカル消費を取り入れることができます。また、エコバッグとして何度も繰り返し使ってもらえるのも環境にやさしいポイントです。

オーガニックコットンを使ったノベルティにおすすめのバッグ一覧

 

こちらでご紹介するバッグは全て国内で在庫を管理しており、小ロットや短納期での製作も可能です。また、全てにオーガニックコットンを証明するGOTSマーク(Gloval Organic Textiles Standard)が付いています。

Photo:GOTSマーク(Gloval Organic Textiles Standard)

オーガニックコットントート(S)(ナチュラル)

A4サイズが丁度収まるサイズです。資料がぴったり入るので、展示会、大学のオープンキャンパス、住宅展示場のオープンハウス、企業セミナーなどにおすすめです。

商品を見る▶https://www.favorist.jp/products/detail.php?product_id=1877

オーガニックコットントート(L)(ナチュラル)

デイリーユースからアウトドアシーンまで、幅広く使いやすいシンプルなデザインとサイズです。アパレルショップなどで商品を入れるショップバッグとしても使用でき、自宅に持ち帰ったあとも何度も繰り返し使用いただけるエコバッグとして重宝します。

商品を見る▶https://www.favorist.jp/products/detail.php?product_id=1878

オーガニックコットン(マルシェタイプ)(ナチュラル)

一番人気のマルシェタイプは、しっかりと肩に掛けられるのが特徴。オーガニック製品を取り扱う食品業界やアパレル業界におすすめです。また、レジ袋有料化に伴いエコバッグの需要が高まっていますが、こちらのマルシェタイプはマチがあり実用性も高いので、日々のお買い物のエコバッグとしても役立ちます。

商品を見る▶https://www.favorist.jp/products/detail.php?product_id=1879

企業や団体のブランディング効果も生まれる

オーガニックコットンを取り入れることでエシカル消費や社会貢献に携わることができ、企業や団体のブランディング効果も生まれます。

興味はあるけど、大きな活動を始めるのは費用に限界がある・・・
企業を通じたエシカル消費への参入は敷居が高い・・・

そんなお悩みをお持ちの方も、これなら一歩踏み出すことができるのではないでしょうか。まずは小さなところから、理念をもった活動を始めてみませんか?

まとめ

なんとなく「オーガニックコットン」や「エシカル」って良いんでしょ?と思っていた方も、今はその背景まで理解できたのではないでしょうか?

オーガニックコットンは、地球にも人にもやさしく、私たちの生活の中でとても身近な素材です。SDGsやエシカル消費を意識した企業の在り方を求められる今、環境にやさしいサステイナブルな素材のお問い合わせは弊社にもどんどん増えています。

廣川では、オーガニックコットン生地を使ったフルオリジナルグッズの製作も可能です。環境にやさしい素材でノベルティグッズを作りたい!企業でエシカルな取り組みを始めたい!エコな素材を使ったアイテムでブランディングを強化したい!でも、何から手を付けたら良いか分からない!そんなお悩みを一緒に解決いたしますので、私たちにお任せください!

オーガニックコットンを使ってエシカルな活動・SDGsに参画し、よりよい社会に貢献できる一歩を踏み出しましょう!

 

このライターの記事

Top