世界の街角を旅する感覚で、商品開発やマーケティングの”虎の巻”的パッケージ&プロモーションネタが収集できるサイトです。

LA発信!コールドプレスジュースのパッケージ+マーケティング

ロサンゼルス文化

全米で最も健康に対しての意識が高いと言われるロサンゼルス(以下、LA)で、2010 年頃から人気が出始め今日では随分浸透してきている浄化・デトックスを目的とした「コールドプレスジュース」文化。身体の中からキレイを目指す人が増えてきている中、今回はコールドジュース人気店の「パッケージ+マーケティング」に注目をして調査を行いました。

 

1 Juice Crafters  www.juicecrafters.com/

LA 発祥のジュース&スムージーバー。現在カリフォルニアで 14 店舗を展開中です。「Live well and be well (健康的に暮らす、元気に生きる)」がモットーで、古き良きカリフォルニアをテーマにレトロなイメージで売り出しています。

写真:ジュースパッケージ

グリーンジュース、根菜系のルートジュース、クレンジングジュース(エネルギー補充、集中力向上、メモリー回復等々、効果別にブレンド)、トニックジュースも販売しています。

写真:売場も統一されたパッケージできれいに魅せる

2 Juice Served Here www.juiceservedhere.com

LA 発祥のコールドプレスジュースバー。現在 LA 界隈に 10 店舗展開中です。創業者が広告業界出身者なこともあり、お店もパッケージもデザイン性が高いブランドです。白が基調のシンプルなパッケージラベルで、中身のジュースの色が目立つ美しい世界観をプロモーションしています。

写真:シンプルなパッケージ

パッケージには赤で大きな『シリーズ番号』が書かれているのは、デザイン性もありますが、リピーターが注文しやすいようにとの工夫でもあります。

写真:パッケージと同じシンプルでわかりやすいメニュー表

白+木材を基調にしたクリーンでミニマリストなインテリアの中で、ジュースの鮮やかな色が際立って見えます。「Never Conventional(従来の型にはまらないこと)」をモットーとして掲げており、選び抜かれた地元産の食材でこだわりのジュースを提供しています。

写真:シンプルな内装とパッケージとリンクしたわかりやすいオーダー表

写真:パッケージデザインを用いたお店のプロモーション(外看板)

ジュース初心者や、オーダーに迷ってしまった時に、「Juice Flight」という10種類のジュースをテイスティングできるメニューも用意されています。白のカップに入った10種類のジュースはとてもフォトジェニックでソーシャルメディア向けとも言えるでしょう。

写真:「Juice Flight」10種類のジュースをテイスティング

3 Pressed Juicery www.pressedjuicery.com

LA 発祥で現在はアメリカ主要都市で 60 店舗展開中。オンライン販売も行っています。バラエティーの豊かさで顧客の心をひきつけ、ジュースが健康と幸せに繋がるとポジティブな提案をして、コールドプレスジュースの先駆けともなったお店です。まだジュース市場が小さかった2010年の段階から、ジュースを飲む→健康→幸せという大きな図を顧客に示すことで、ジュース=ライフスタイルというブランディングを成功させました。

   

写真:白地に黒文字というシンプルなパッケージ

6種のグリーンジュース、3種のルートジュース、3種のシトラスジュース、フルーツジュース、コーヒー入りジュース、抹茶・アーモンド・ココナッツがブレンドされたフレーバーもあり、幅広いラインナップも人気の秘訣です。LAの大型野外モールの路面店舗では、フルーツ・ナッツ・野菜のみで作られたソフトクリームのような食感の『Freeze』という特別メニューもあります。特に子供向けのイベントも多いモールなので、子どものスナックとしても人気を集めています。

4 The Juice LA  www.thejuicela.com

発祥で現在3店舗展開中。地元の小さなブティックショップというコンセプトのジュース&スムージーショップ。この5社の中で一番シンプルなパッケージを使っており、ジュースには『Juice』と書いてある至ってシンプルなデザインになっています。

写真:シンプルなパッケージ(表面)

写真:裏面ラベルで詳細を説明

写真:ミルク入りはネイビーと色分けをパッケージに活用

パッケージは、ジュースは全て白色1色、それ以外のミルク入り・ディトックスウォーターはネイビー1色をロゴの印字に使っています。コンセプトプロモーションとして、お店のインテリアは、地元で一つ一つ手作りをしているというローカルな世界観を作り出しています。

写真:お店の外観、パッケージの印字とリンクさせている>

写真:お店のシンプルな内装-1>

写真:お店のシンプルな内装-2

5 Bucher’s Daughter thebutchersdaughter.com

NY 発祥、二店舗目として若者達に大人気な LA のベニスに去年オープンした人気のジュースバー&ベジタリアンカフェ&レストランです。オリジナルのテイクアウト用のジュースも販売しています。

写真:オシャレな店内インテリア

このカフェ&レストランはインテリアも人気の秘訣で、インスタグラマーの間でも高い人気を誇り、ブランド力が高いお店です。シダ系植物やツタが下がる植物を天井からつり下げたりと、観葉植物を中心にコーディネートされているのが目を引きます。また、金・鉄・シルバー素材ではなく、カッパー素材をアクセントとして使うことで優しい雰囲気になっています。挿し色としてパステルカラーと藍色の絞り染も使うことで、ナチュラルでボタニカルに仕上げられていて、ベジタリアンレストランとしての世界観が出来上がっています。

写真:エコな紙パッケージに色と番号でシンプルに作られたラベル

ここのジュースは、エコフレンドリーな紙パッケージになっています。紙パッケージに入った水と注目されている「Boxed Water」と同じコンセプトです(参照:https://boxedwaterisbetter.com)パッケージのラベルは至ってシンプルで、『シリーズ番号』と『色』を基調にしています。

写真:パッケージの色使いでオシャレな陳列

いかがでしたでしょうか?また次回もLAからホットな情報をお届けします!

このライターの記事

Top