ビジネスパーソンが読むメディア。マーケティング、セールスプロモーション、パッケージの企画・開発に役立つアイデアと最新の情報を、世界中から配信。

プロテイン飲料から見る「時代を表すパッケージ」の面白さ

画像:packagecollection

こんにちはpackagecollection(以後パケコレ)です。(パケコレのプロフィールページはこちら。)

今回のテーマは「プロテイン飲料のパッケージ」!

今回は、最近流行りの高タンパク質商品の中でも一番の王道である、プロテイン飲料のパッケージを見ていきたいと思います。

プロテインといえば、ひと昔前は「ボディビルダーの人が飲むものでしょ?」「飲んだら筋肉がモリモリついちゃうんじゃない?」なんて思われていたようですが、今は知識のアップデートがしっかりされ、「タンパク質(=プロテイン)は体の基礎を作る上で欠かせない栄養素」「女性でも〇〇g以上は取る必要がある」などと認知されはじめましたね。

そんな背景もあり、なんだかパッケージにも変化が訪れているようなので特集を組んでみました。それでは早速見ていきましょう!

KIRIN SUPLI PROTEIN(キリン サプリ・プロテイン)

Photo:キリン サプリ・プロテイン

ローソン限定販売の、ジュース感覚でタンパク質を接種できる飲料です。サラサラと飲みやすく「本当にプロテイン入っているの?」と思うくらい美味しいです。色と相まって、全体的に上品で美しいパッケージですね。かつての「男性的!強い!」という印象とは違い、上品で美しさまで感じられるデザインの登場です。

SAVAS STYLE BODY (ザバス スタイル・ボディ)

Photo:ザバス スタイル・ボディ(ベリー)

Photo:ザバス スタイル・ボディ(マンゴー)

プロテイン界で有名なザバスから、かなりカジュアルで女性的なパッケージが登場です。今回発売されたスタイルボディシリーズとしては、南国・トロピカルなイメージで構成され、フレーバーも女性に人気の出そうなものになりました。完全に「プロテイン=男性や筋トレをしている人が飲むもの」からイメージを刷新し、時代の流れが影響していることがよく分かりますね。

ちなみに、そのまた少し前に発売されて「飲みやすい」と話題になったザバス商品のパッケージはこちら。

Photo:ザバス ミルクプロテイン(ココア)

ナチュラルローソン SOY PROTEIN LATTE(ソイ・プロテイン・ラテ)

Photo:ナチュラルローソン ソイ・プロテイン・ラテ

こちらはローソンで販売されている「ラテ」のプロテイン。コーヒー感覚でプロテインを摂取できるような商品ですね。オフィスシーンでの利用等、より日常的に取り入れることを考えられた製品です。

イメージビジュアルはナチュラルローソンのパッケージのトーンと合わせ、写真を大きく使ったシンプルでオーガニックなイメージ訴求をしています。こちらも男女問わず利用できそうなビジュアルですね。

まとめ

ザバス製品だけでもコンビニで4種類ほど陳列されており、プロテイン飲料はかなり普及してきたと考えられます。しかも、おしゃれで日常的に馴染むようなパッケージ。冒頭でも述べたように、知識がアップデートされ、フィットネス・ボディメイクの需要が高まっていることが影響していると言えます。

何が発端となりフィットネス・ボディメイクの需要が高まっているのか特定しづらい部分もありますが、内ひとつが「東京オリンピックの影響」という説を聞きました。たしかに、東京オリンピックが決定してからの数年でヘルスケア市場は伸びており、プロテイン関連の商品数が格段に増えてきました。また、海外のミレニアル世代を中心とした健康志向の影響も、少なからずあるでしょう。

このように時代背景の影響を受けたパッケージが作られるのだと思うと、パッケージもまたひとつの「文化」を表現する象徴であり、注目して見てみると面白いのです。皆さまにも「時代を表すパッケージ」という視点で市場を見てもらえるようになると、筆者はうれしく思います。

以上、パケコレでした。

  

▼パケトラおすすめの関連記事

プロテイン食品市場の新しい顧客を捉えるデザイン

ロングセラー商品「inゼリー」新デザインへの挑戦と、リブランドのあゆみ

このライターの記事

Top