世界の街角を旅する感覚で、商品開発やマーケティングの”虎の巻”的パッケージ&プロモーションネタが収集できるサイトです。

実はお米と相性抜群?!北欧の食卓の人気者「チューブペースト」の可能性

ノルウェーのスーパーに並ぶ、大きな歯磨き粉のようなチューブは?

北欧の冷蔵庫に高確率で常備されているものがあります。スーパーに行くとずらりと並んでいる「チューブペースト」たち。カラフルな色合いで、様々な味があり、日本の観光ガイドブックでも、おすすめのお土産としてよく紹介されています。

日本でいうと「ふりかけ」や「海苔」のような感覚で、「パンの上に載せる」ジャムやペーストのように、日ごろから使われています。

Photo:フィンランドのスーパーにある特設コーナー

忙しい日々の中、料理の手間を省く食材はどこでも人気。その中で、パンを出して上にさっと載せて食べるだけのチューブは、現代人の忙しい生活ではより重宝されています。

フィンランド滞在中、「チューブはどうやって食べることが多いの?」と現地の人に聞いてみました。おすすめされた食材をスーパーで購入。緑の野菜、トマト、ハム、パン、そして2本のチューブをチョイス。

Photo:右側の茶色がレバーペースト、左側がヴィーガンペースト(フィンランド)

Photo:裏側

ヴィーガン用ペーストもあり

レバーペーストといえば、パンの上に載せると相性が良いものの定番。驚いたのが、ヴィーガン用のペーストでした。初めて見たかも?

実は私は最近、乳糖不耐症という診断が出ていて、ラクトースフリー(乳糖が少なめ)表示の食品を選ぶようにしています。右側のレバーチューブはラクトース入りなので、私が安心して食べることができるのはヴィーガン用。このような商品が増えるのは、ありがたいですね。

Photo:このように出して、そのまま食べても、ナイフで広げて野菜などをトッピングしてもOK。

北欧のパンは穀物がたっぷり含まれているので、意外とお腹いっぱいになります。

Photo:左上はレバー、右上はヴィーガンペーストを使用。

ヴィーガン用のほうが、よりソフトで味は薄めでした。どちらもおいしい。コーヒーと一緒に、朝食として。

Photo:フィンランドではマヨネーズ風味のチューブも多く、どうやらハンバーグと合わせるようです。

Photo:ノルウェーに住んでいる私が初めて見て驚いたのが、フィンランドにあった「サーモン・マヨネーズ」

Photo:他のチューブのように、野菜などと一緒にパンの上に載せて。確かに、薄めのサーモン味のマヨネーズでした。

フィンランドにいる知り合いは、パーティーなどで「みんなでシェアできる大きなパン」=「ケーキパン」というものを作る時に、こちらをよく使うそうです。ケーキに生クリームを塗るように、このサーモンマヨネーズをたっぷり塗るとか。養殖サーモンがある国ならではのチューブですね。

人気者は魚の卵、キャビアペースト

Photo:スウェーデンやフィンランドのスーパーでよく見かけるのが、男の子が描かれているKallen(カッレン)。

北欧では、魚の卵は総称して「キャビア」と呼ばれています。この魚卵が、意外とおいしい!大抵はタラの卵です。

Photo:裏側

チューブシリーズの中で、まず何か試すなら「キャビア」と書かれているものを選んでみてください。これはもはや、日本でいうと「たらこ」のようなもの。

Photo:アレンジ方法に決まりはなく、ペーストだけでもおいしいし、上に野菜、卵などをトッピングしてもよし。

キャビア味は様々なブランドから出ていますが、正直、味は大きく変わらないかも。

Photo:ノルウェーのスーパーで、写真のチューブは全部キャビア味。

Photo:3本のチューブを選んでみました。

一番上の青色チューブと真ん中の赤色チューブは、違うブランドのキャビア味。下の黄色チューブはサバ味。

サバからはオメガ3という栄養分が摂れることもあり、現地では人気がある食材です。冬が長くて暗いため、日光を浴びる量が少なくビタミンDの量が不足しがち。栄養豊富なオメガ3のオイルカプセルやシーフードは必要不可欠なものです。黄色のチューブでも、オメガ3入りであることが強調されています。

Photo:3本のチューブを出すと、このような感じ。

サバといえば、これまでは缶詰が定番でしたが、最近はチューブも出てきました。サバ味はキャビア味よりもさらに味が濃いめ。最近では、子どものお弁当に入れやすいように、小さなサイズのチューブもいくつか箱入りされ売られていることがあります。

Photo:卵やアボカドとの相性もよい。何か味が足りないなと思った時に、チューブをちょっと使うと、一気に豪華な味に

魚の卵チューブは日本の食卓に合いそう

実は、北欧現地ではこのようなチューブシリーズは「パン」とセットにされて考えられていますが、日本では「お米」との相性も抜群だなと私は思っています。白米の上にふりかけのようにちょっと添えたり、アボカドなどとブレンドして丼ぶりにしたり、サラダの上にドレッシングとしてかけたり、パスタの味付けに使ったり、お茶漬けにしたり。

「パンとあるべき」という現地の常識からは離れて、日本の食卓に調味料として取り入れてみると、思わず楽しい料理ができます。

私はノルウェーで、パンよりもお米と一緒にキャビアチューブを使うことが多いのですが、現地の人からするとそれはびっくりするブレンド法です。

キャビアチューブの隠れた魅力に気づくのは、魚をたくさん食べるアジアの人たち。「アジアからの観光客が、お土産にまとめ買いしているようだ」と、現地メディアで話題になることもあります。味も様々で、キノコ味、ベーコン味、チーズ味と尽きません。どの国でもチューブの形は変わりませんが、味の豊富さで今後勝負が続くのでしょう。

▼パケトラおすすめの関連記事

世界のチューブ容器事情(歯磨き粉、食品、化粧品)

北欧の「新世代」歯ブラシ。キーワードは多様性とサステイナブル?

このライターの記事

Top